新生児 便秘 砂糖水

砂糖水は量や回数に注意

生まれたての赤ちゃん

 

新生児の便秘は、まだデリケートな腸を痛めないように自然でやさしい方法から試すことが大切ですね。

 

そのような方法の一つが砂糖を混ぜた水、砂糖水を与えてみるということです。

 

赤ちゃんの便秘に砂糖水を与えると良いということはかなり以前から言われていました。

 

砂糖水は浸透圧が高いので、水分を腸内に呼び込みやすくする働きがあります。そのためにうんちがやわらかくなって出やすくなると言われています。

 

ただし、与える回数・頻度や量に注意をしなければ、下痢をしたり、お腹の不快感につながることもあるので注意が必要です。

 

また新生児は母乳以外のものはなるべく与えないほうがよいとも言われています。

 

便秘でかなり苦しそうな様子が見られているといったことがなければ、あまり積極的に与える必要はないでしょう。

 

それでも薬や浣腸で解消するよりも砂糖水のほうがずっと安全ですから、何度も便秘を繰り返すようなら試してみましょう。

 

砂糖水のつくり方と飲ませ方

砂糖水のつくり方ですが、5%の濃度でつくります。

 

湯冷ましに溶かしますが、50ccの湯冷ましなら2.5gの砂糖かグラニュー糖、100ccなら5gを混ぜます。

 

スティックシュガーには5gのものがありますから、そのようなものを活用するとつくりやすいと思います。

 

次にできた砂糖水は哺乳瓶で人肌になるまで温めて、量としては20ccから30cc程度をチビチビと与えます。

 

回数や頻度としては、授乳に影響のないタイミングで1日に2〜3回を目安とします。

 

最適なのは砂糖水よりオリゴ糖

一層の効果を期待するならば、砂糖の変わりにオリゴ糖を加えるとよいでしょう。

 

砂糖は虫歯菌のエサとなるため、今後歯がはえてくると虫歯の原因ともなります。また砂糖の甘さはクセになって、そればかりを欲しがるようになることもあります。

 

一方、オリゴ糖なら虫歯の心配はありませんし、クセになるような甘さはありません。

 

またオリゴ糖は母乳にも含まれる成分で新生児の腸内のビフィズス菌を増やし、便秘や下痢になりにくい体質にする作用のあることが分かっています。

 

うんちを軟らかく出やすくしてくれるだけでなく、赤ちゃんの腸内環境自体を整えてくれるのですから理想的です。

 

さらにオリゴ糖は母乳にも含まれているものですから、違和感なく安心して与えられるのは利点です。

 

ところで、よくみかけるシロップ状のオリゴ糖は砂糖が添加されており、赤ちゃんには不向きです。

 

新生児の便秘のために選ぶなら、以下の無添加オリゴ糖がお勧めです。

 

カイテキオリゴ公式

 

カイテキオリゴの公式サイトはこちら