新生児 便秘 おなら

新生児の臭いおならは便秘のしるし

新生児はおならをよく出しますが、臭いものとそうでないものとがあります。

 

赤ちゃんはおっぱいを飲むときに一緒に空気もたくさん取り入れますから、それがゲップで出る代わりにおならとして出ることがあります。

 

このような時のおならは臭いものではありません。

 

一方、臭いおなら出るときは、やはりお腹にたまったうんちが発酵して臭いガスとなって出ることが考えられます。

 

ですから、臭いおならは便秘のサインといえます。

 

このような時は、お尻の穴を綿棒で刺激してあげると、たまったガスやうんちが出ることがあります。

 

それでもなかなか出ないようなときは、マッサージなども試してみましょう。

 

便秘でおならがよく出るときは、腸内環境にも気を配ってあげてください。

 

新生児は母乳に含まれるビフィズス菌増殖成分によって、腸内環境がとてもいい状態にあるのが普通ですが、母乳の質や生活環境で腸内環境が整わなくなることもあるようです。

 

これが便秘や臭いおならの大もとの原因となります。

 

新生児の腸はまだまだ未発達で、成長と共に自然と便秘も解消されることもあります。

 

それでも早いうちから腸内環境をと整いやすくしてあげるなら、丈夫な腸をつくり、免疫力を高める点でも役立つようです。

 

新生児の場合は、腸内環境を整えるといってもヨーグルトやサプリメントなどは飲めませんから、一番よい方法はミルクにオリゴ糖を混ぜて飲ませることです。

 

新生児の安心な便秘解消法はこちら