新生児 便秘 泣く

便秘で泣く新生児に試してみたいこと

赤ちゃんの便秘が続くと親は泣きたくなります。

 

これは新生児も同じことで、お腹は痛いですし、気持ちも悪いでしょう。

 

大人は泣きたくなるのですが、赤ちゃんは泣くしかないでしょう。

 

便が何日も出ていないと、赤ちゃんの体内も異常な事態になっています。もちろん病気ではないのですが、お腹が重たい、気分もすぐれないことでしょう。

 

それを訴えるには泣くしかありません。

 

新生児として迎え、リズムがつかめた時、便の回数やタイミングもわかってきます。

 

できれば、ミルクや母乳を飲んだ時と便の記録はつけておくと何かと便利です。

 

しばらく便が出ていない時、便秘だと気が付き、不機嫌で泣くばかりの赤ちゃんを目の当たりにした時に対応として、お腹のマッサージと水分補給をしてあげてみてください。

 

なんとなく落ち着かないこともありますが、大人なら便秘薬といったところですが、水分を飲んだところで落ち着くこともあります。

 

綿棒を少し崩して、ベビーオイルを含ませて、肛門を刺激する浣腸もお勧めです。

 

あまり強くやらずに優しく行うことと、便秘のたびにはしないことです。

 

よほど苦しくて、とても辛い時にだけの特別のこととしてください。

 

その他の時の対応としては、マッサージと水分等が有効でしょう。

 

寝たままですと排便がしづらく、抱き方を変えると便意があることもあります。

 

気持ちを紛らわすためにも、少し散歩に出る、体を動かすことでいろいろと対応をしてみてください。

 

その新生児なりのツボがあるかもしれませんので、いろいろと試してみるのはいいことです。

 

新生児の安心な便秘解消法はこちら