新生児 便秘 マッサージ

新生児の便秘マッサージはやさしくなでるように

まだ腸の機能が未発達な新生児はウンチも便意を感じて出すというよりも、反射で出しているようです。ですから、なかなかウンチが出ない新生児の場合は、親が出やすくなるように手伝ってあげるとよいようです。

 

マッサージをしてあげるのは、新生児の便秘でも有効ないい方法だと思います。まだ体がデリケートですから、決して強く押したりせずにあくまでやさしくなでるように行ないましょう。

 

腸を刺激するという点では、やはりお腹のマッサージが中心となります。

 

新生児のマッサージ

おへそを中心として円を描くように、手の平で時計回りにマッサージしてみましょう。このときに手の平にベビーオイルなどを塗ってすべりやすくしておくといいでしょう。

 

他にもお尻をやはり円を描くようにまるくなでてあげるのも赤ちゃんがリラックスして排便しやすくなるようです。

 

比較的即効性のあるマッサージとしては、肛門を指の腹でかるく何度か押してみるのも良いでしょう。このときはオムツを外していると思いますから、ウンチがビュッ出たときに飛び散ったり、顔にかからないように対策をしておいてください。

 

マッサージ以外では、軽く体操をしてみるのも効果があるようです。新生児の両足首を軽くもって膝の曲げ伸ばしをゆっくりと数回行なうようにします。足を曲げたときはそのまま2秒ぐらい止めるようにします。

 

また同じく両足首をもって、両足を軽く伸ばし、左右にゆらゆらと軽く振ってあげるのもいいでしょう。金魚の尾みたいにゆらゆら揺らすので金魚運動と言われる体操です。

 

新生児の安心な便秘解消法はこちら