新生児 便秘 吐く

便秘に吐く症状が伴うなら念のため病院に

便秘の症状に悩む人は女性に多く見られますが、この症状は、新生児であっても起こることがあります。

 

新生児にミルクを吐くなどの症状があったり、便を何日もしていない、また機嫌が悪いことが続いたり、苦しそうにいきむ事が続いた時には、便秘の疑いを持つ必要があります。

 

ただ吐く症状が伴う便秘の場合は、何らかの病気が原因になっていることも考えられますから、念のために病院に診てもらうのが安心でしょう。

 

感染症や先天的な病気ではないのに、うんちが出ない日が続いて、しかも吐くような場合には、やはり便秘対策に真剣に取り組んだほうがよさそうです。

 

新生児の便秘は腸内の細菌のバランスとも深い関係があります。

 

新生児は母親の胎内にいる時は、無菌状態の環境にいることとなります。

 

それが出産の際に産道を通るときに初めて様々な菌が体内に入ることとなるのです。このとき、母親の腸内環境の状態が悪ければ、それが新生児にも引き継がれる可能性があり、それにより便秘の症状を引き起こすこととなります。

 

また、これ以外にも帝王切開で産道を通らずに出産した新生児も、安定した良い腸内環境が整いにくい面があるとも言われています。

 

こうした腸の不調による便秘の症状には、母乳育児が効果があるとされています。

 

母乳にはオリゴ糖の成分が豊富に含まれており、このオリゴ糖には腸内のビフィズス菌を活性化するはたらきがあり、腸内をより良い状態に保つことが出来ます。

 

しかし、様々な理由で母乳を使わずに、人工ミルクで授乳を行う人も少なくありません。人工ミルクも最近では品質が上がってきてはいますが、このオリゴ糖を十分に摂取するには最適なものとは言えません。

 

そこで、純度100%の天然のオリゴ糖を用意して、ミルクに混ぜて与えることで、腸内のビフィズス菌に有効に働きかけることが出来ます。

 

なお市販で多く見られる液状のオリゴ糖などは、砂糖など他の成分も多く含まれているので新生児の便秘では使用しないほうがよさそうです。

 

新生児の安心な便秘解消法はこちら