新生児 便秘 綿棒

綿棒で浣腸するときの注意点

新生児の便秘では綿棒を使うのもひとつの方法です。

 

泣いている赤子

綿棒をどのように使うかといいますと、綿棒で浣腸を行なうのです。新生児の場合はげっぷが出ずにお腹にガスがたまり、ウンチが出にくくなってしまうことがあるようです。また、水分不足でウンチが硬くなっても出にくくなります。

 

それで綿棒でお尻を刺激したり、ガスを出してあげることで便秘を解消する方法です。これなら家庭でもできますし、薬剤などを使わないので、まずは試してみたい方法です。

 

ただし、綿棒で浣腸をするには少々コツが必要で、うまくいかない場合も多いようですから、そのようなときは無理せずに小児科などでやり方を教えてもらうとよいでしょう。

 

実際、最初のうちは赤ちゃんの体を傷つけてしまうのではないかと心配になるかもしれません。一度教えてもらえば次からは不安なくできると思います。

 

綿棒で浣腸するやり方ですが、まず使う綿棒はベビー用ではなく、通常の綿棒がいいようです。ベビー用綿棒は細くて固いので折れてしまったり、直腸を傷つけてしまうことがあるからです。

 

綿棒の先には、ベビーオイルやワセリンなどをたっぷり塗って滑りやすくしておきます。別にサラダオイルでもいいと思います。

 

新生児をオムツ替えのときの体勢に寝かせます。このときに注意ですが、綿棒をさしているときに赤ちゃんが動くと危ないので、その恐れがあるときは別の人に足を持ってもらい動かないようにしてから行うほうがよいでしょう。

 

綿棒はやさしく挿入し、軽く回してみます。

 

長くても2分ぐらいにとどめておきましょう。また1日に何回もするのもやめておきましょう。赤ちゃんの肛門や直腸を傷つけてしまうことがあります。

 

新生児の安心な便秘解消法はこちら