新生児 便秘 解消法

新生児には自然で安全な便秘解消法を

生まれたばかりの新生児でも便秘になることがあります。

 

できるだけ効果があって安全な解消法を使いたいところですが、その前にまずは新生児の便秘の原因となっている事柄について知っておくことが役立ちます。その原因としては大きく2つがあげられるようようです。

 

ひとつは出産時の状況、もうひとつは出産後の栄養摂取の状況です。

 

出産時の状況が腸内環境に影響

ご存知のようにお腹の中にいるときの赤ちゃんは子宮の中で無菌状態です。

 

胎内

でも出産の際にはお母さんの産道を通りながら、そこに棲息している細菌にはじめて触れ、それを口から取り込んでいきます。そのときの細菌が新生児の腸に棲みつき腸内環境をつくるきっかけになるといわれています。

 

もちろんそれだけでなく、その後も空気中の細菌や病院で触れる細菌も影響を与えていきますが、このときからつくられる腸内環境は排便機能にも深く関わっていくようです。

 

一般に新生児の腸内細菌はビフィズス菌が90%以上を占めているとても良好な状況ですが、お母さんが妊娠中に腸内環境の悪いまますごしていたなら、そのときの細菌は出産時から赤ちゃんにも受け継がれている可能性があります。

 

もうひとつは帝王切開で生まれた赤ちゃんで、この場合は産道を通っていないため、そもそも善玉菌と言われる有益な細菌の数が足りていないことも考えられるようです。

 

このように新生児の出産の際の状況は腸内環境に影響し、それが排便の状態にも関係している可能性があります。

 

母乳など栄養摂取との関係

母乳で育った新生児には便秘が少ないといわれます。その理由のひとつは母乳に含まれるオリゴ糖(乳糖)が、お腹のビフィズス菌のエサとなってビフィズス菌を活発化させるからです。

 

近年は人工ミルクもかなり品質が向上しており、母乳に近づいているようですが、それでも母乳の栄養価や健康効果には及ばない面があるようです。ですから、完母でない新生児の場合は比較すると便秘になりやすい傾向があるようです。

 

また母乳だけで育った赤ちゃんでも、母乳の質によっては便秘になることがあるようです。これはお母さんの食べたものが母乳の成分に影響するためともいわれます。また無理な産後ダイエットなども母乳の質に影響するとか。

 

いずれにしても、ビフィズス菌を活性化させるために足りない栄養分を補ってあげる必要があります。

オリゴ糖は母乳にも含まれる安心な便秘解消法

オリゴ糖を摂取することは、新生児にもっとも向いている便秘解消法と言えます。母乳にも含まれ、また一部の人工ミルクにも含まれる天然の成分ですから、副作用がありません。新生児にも安心してあたえられます。

 

ミルクを飲む新生児

オリゴ糖は、腸内のビフィズス菌の好物であり、ビフィズス菌を活発にして腸内環境を理想的な状態にする効果で知られています。ミルクに混ぜて与えることができますから、赤ちゃんにとって飲みやすく続けやすいのも利点です。

 

ところで市販のオリゴ糖はシロップタイプのものが多く、これは純粋なオリゴ糖だけでなく、砂糖などが混ぜられています。新生児にとっては甘いものはなるべく与えないほうが良いですし、純度が低いため効果の点でも劣ることになります。

 

そこで純度100%のオリゴ糖粉末をお勧めします。

 

これはカイテキオリゴと呼ばれる製品で、新生児の便秘で悩んできた多くのお母さんたちが涙を流して喜んだという伝説の商品です。

 

詳しい体験談は以下のページでご覧になってください。
↓ ↓
新生児のオリゴ糖体験談こちらへ

便秘の症状に悩む人は女性に多く見られますが、この症状は、新生児であっても起こることがあります。

 

新生児にミルクを吐くなどの症状があったり、便を何日もしていない、また機嫌が悪いことが続いたり、苦しそうにいきむ事が続いた時には、便秘の疑いを持つ必要があります。

 

ただ吐く症状が伴う便秘の場合は、何らかの病気が原因になっていることも考えられますから、念のために病院に診てもらうのが安心でしょう。

 

感染症や先天的な病気ではないのに、うんちが出ない日が続いて、しかも吐くような場合には、やはり便秘対策に真剣に取り組んだほうがよさそうです。

 

新生児の便秘は腸内の細菌のバランスとも深い関係があります。

 

新生児は母親の胎内にいる時は、無菌状態の環境にいることとなります。

 

それが出産の際に産道を通るときに初めて様々な菌が体内に入ることとなるのです。このとき、母親の腸内環境の状態が悪ければ、それが新生児にも引き継がれる可能性があり、それにより便秘の症状を引き起こすこととなります。

 

また、これ以外にも帝王切開で産道を通らずに出産した新生児も、安定した良い腸内環境が整いにくい面があるとも言われています。

 

こうした腸の不調による便秘の症状には、母乳育児が効果があるとされています。

 

母乳にはオリゴ糖の成分が豊富に含まれており、このオリゴ糖には腸内のビフィズス菌を活性化するはたらきがあり、腸内をより良い状態に保つことが出来ます。

 

しかし、様々な理由で母乳を使わずに、人工ミルクで授乳を行う人も少なくありません。人工ミルクも最近では品質が上がってきてはいますが、このオリゴ糖を十分に摂取するには最適なものとは言えません。

 

そこで、純度100%の天然のオリゴ糖を用意して、ミルクに混ぜて与えることで、腸内のビフィズス菌に有効に働きかけることが出来ます。

 

なお市販で多く見られる液状のオリゴ糖などは、砂糖など他の成分も多く含まれているので新生児の便秘では使用しないほうがよさそうです。

 

新生児の安心な便秘解消法はこちら

赤ちゃんの便秘が続くと親は泣きたくなります。

 

これは新生児も同じことで、お腹は痛いですし、気持ちも悪いでしょう。

 

大人は泣きたくなるのですが、赤ちゃんは泣くしかないでしょう。

 

便が何日も出ていないと、赤ちゃんの体内も異常な事態になっています。もちろん病気ではないのですが、お腹が重たい、気分もすぐれないことでしょう。

 

それを訴えるには泣くしかありません。

 

新生児として迎え、リズムがつかめた時、便の回数やタイミングもわかってきます。

 

できれば、ミルクや母乳を飲んだ時と便の記録はつけておくと何かと便利です。

 

しばらく便が出ていない時、便秘だと気が付き、不機嫌で泣くばかりの赤ちゃんを目の当たりにした時に対応として、お腹のマッサージと水分補給をしてあげてみてください。

 

なんとなく落ち着かないこともありますが、大人なら便秘薬といったところですが、水分を飲んだところで落ち着くこともあります。

 

綿棒を少し崩して、ベビーオイルを含ませて、肛門を刺激する浣腸もお勧めです。

 

あまり強くやらずに優しく行うことと、便秘のたびにはしないことです。

 

よほど苦しくて、とても辛い時にだけの特別のこととしてください。

 

その他の時の対応としては、マッサージと水分等が有効でしょう。

 

寝たままですと排便がしづらく、抱き方を変えると便意があることもあります。

 

気持ちを紛らわすためにも、少し散歩に出る、体を動かすことでいろいろと対応をしてみてください。

 

その新生児なりのツボがあるかもしれませんので、いろいろと試してみるのはいいことです。

 

新生児の安心な便秘解消法はこちら

念願の赤ちゃん誕生にお父さん、お母さんはもちろんのこと、祖父母、親戚みんな喜びに溢れていることでしょう。

 

その一方初めての育児で分からないことも多く、お父さんお母さんは戸惑うこともたくさんありますよね。

 

ベッドに寝かすと起きてしまう、母乳が足りないのではないか、ミルクを飲んでくれない、ずっと機嫌が悪いけど病気なのではないか特に新生児の頃は悩みが尽きません。

 

そして意外と悩む方が多いのが新生児の便秘。

 

新生児と言うとあまり便秘というイメージを持つ人はいないでしょうが意外と多いです。

 

便秘の時は綿棒を使い肛門を刺激してあげると良いでしょう。

 

しかし生まれた時から毎日便秘で、毎回綿棒で刺激をしないと出ないという赤ちゃんは、腸に問題があるかもしれませんので早めに病院で診察を受けた方がいいです。

 

そうではなく突然便秘になった場合には生活習慣や栄養不足によるものかも知れません。

 

母乳が足りていないためミルクを足すと出なくなった場合は、ミルク栄養の赤ちゃんの方が便秘になりやすいようです。

 

また、遅くまで電気やテレビを付けていたり生活リズムが整わないと赤ちゃんの排便のリズムも崩れてしまいます。

 

運動不足でもなりますのでたまに赤ちゃんの足をもって上下に動かしたり、一緒に運動してあげると腸が活発になります。

 

ただし、お腹がすごく張ってしまい苦しそうにしていたり、排便の時に痛がったりする時はすぐに病院を受診した方がいいでしょう。

 

お母さんが慌てると赤ちゃんも不安になります。そんな時こそ冷静に対応することで赤ちゃんも安心しますよ。

 

新生児の安心な便秘解消法はこちら

 

新生児の便秘にはいくつかの種類があります。

 

便秘と聞くと病気のことが心配になりますが、必ずしもそうではありません。

 

ちなみに、一般的には母乳は消化がよいので便秘になりにくく、逆にミルクは便秘になりやすいと言われています。

 

これは栄養の関係もありますが、母乳の質にも関係することで、新生児の体内には、母乳の方が合っているということはいえます。

 

しかし、ミルク栄養を否定するのではなく、そういう傾向があるというだけの話です。最近はミルクの質もかなりの程度母乳に近くなっているみたいですから、不安になる必要はないでしょう。

 

生まれてすぐの新生児の便は、真っ黒だったり、すごく少なかったり、反対に多かったりとまちまちです。

 

胎内にいるときのものを持ってきますから、驚くことはありませんし、単に生まれてビックリして、便の出方が不規則になっていることもあります。

 

ですから新生児の便の回数に関しては、しばらくは様子を見てみてください。

 

数日間まったく出ないということも珍しいことではありません。

 

その子のペースがつかめるようになるまでは、便秘の断定はできないとされています。

 

ただ、異常な泣き方をしたり、母乳もミルクもまったく受け付けない、おしっこも出ないということであれば、何か異常なことがある可能性が高いですから、すぐに病院へ行ってみてください。

 

先天的な病気が原因で出にくくなっていることもあるようです。

 

便秘の原因が、器質的なものである時には、きちんと治療しなければならない事になります。

 

特に1人目の新生児の場合は何かと不安なことも多いですが、不安な時には、相談ができる方や施設があるとこころ強いです。

 

浣腸をすることもありますが、それは自己判断ではなく、相談をしてからの方が良いようです。

 

新生児の安心な便秘解消法はこちら

赤ちゃんのかわいい手

 

新生児の便秘は、原因のひとつとして水分不足が考えられます。

 

しかし、水分と言っても新生児はデリケートであるので、冷たい水では逆にお腹を痛めてしまうことがあります。そこで白湯を飲ませるようにします。

 

ただ月齢の低い新生児では、足りない水分を補おうとしているお母さんの気持ちとは裏腹に、甘くもないので飲もうとすらしてくれない赤ちゃんもいます。

 

少量だけでも含ませるようにするなら、水分不足を解消につながるので試してみましょう。

 

また白湯を飲んでもらうようにするには、日ごろからの習慣を見直してみるのが良いでしょう。

 

お風呂上りには、大人でも水分を補給しているくらいですので、赤ちゃんも水分をかなり求めるものです。

 

ですから、お風呂上りの気持ちの良いタイミングで飲ませると、喜んで飲んでくれることも多くなります。

 

そしてお風呂上りにあげてみて、ごくごくと喜んで飲むようになっているのであれば、喉の渇きをかなり感じていたということでもあります。

 

それだけ新生児は水分が必要な体の状態になっていたということです。

 

ゴクゴク飲むほど喉が渇いていて、どうしても体が欲している状態であれば、身体が欲していたということですから、完全母乳で哺乳瓶に慣れていない赤ちゃんであっても、飲むことはあります。

 

このように白湯で新生児の便秘を解消したり、あるいはお風呂上りに欲しがる量をある程度飲ませることで、水分不足になることを防げます。

 

結果的に、これは便秘の予防にもなるのですので、便秘にならないためにも水分量を意識することは大切なのです。

 

白湯に混ぜたいオリゴ糖

便秘ぎみの赤ちゃんにぜひ与えたいのがオリゴ糖です。

 

オリゴ糖は母乳にも含まれている成分で、赤ちゃんの腸内のビフィズス菌を元気にしてくれる効果があります。

 

ビフィズス菌が活発になることで、腸の運動もスムーズになり、うんちも軟らかく出やすくなります。

 

最初は1g程度を白湯に混ぜて与えてあげて下さい。

 

ほんのりとした甘さがあるので、いつもはなかなか白湯を飲んでくれない赤ちゃんも喜んで飲んでくれる場合が多いようです。

 

また砂糖水のように虫歯になったり、クセになる心配も不要です。

 

新生児のためのオリゴ糖なら無添加の以下の商品がお勧めです。

 

カイテキオリゴ公式

 

赤ちゃん向けの公式ページはこちら

(商品の説明と体験談が掲載されています。購入するときは以下のページからがお得です。)

 

初回半額購入できるページはこちら

ミルク栄養の新生児が便秘になったときに、「やっぱり母乳じゃないからかしら」と心配するお母さんもおられるようです。

 

確かに母乳は完全な栄養といわれますが、最近のミルクはかなりの程度まで母乳に近づいており、大きな差を心配する必要はないようです。

 

新生児は腸が発達途上ですから何日か排便がないことは珍しいことではありません。

 

特にひどく機嫌の悪い様子などみられなければ様子をみてよいのではないでしょうか。

 

ただ1週間近く出ないことが何度も続くようなら、やはり便秘の傾向があるのかもしれません。

 

先天性の病気からきている可能性もありますから、まずは病院で検査してもらったほうがよいでしょう。

 

別のメーカーのミルクに変えてみたら、よく出るようになったという体験談もあります。各メーカーによって微妙に成分が異なるためにそのようなことが生じるのかもしれません。

 

なかなか便秘傾向が改善しないようなら、そのようにミルクを変えてみるというのもひとつの方法です。

 

また、すぐに効果が表れやすい方法としては、新生児向けのオリゴ糖をミルクに混ぜて数日与えてみることです。

 

オリゴ糖は腸内細菌に直接働きかけて腸の働きを促進しますから、かなり変化がみられたという例が多いようです。

 

新生児の安心な便秘解消法はこちら

 

新生児なのに排便の回数が少ない、急に減ったというケースは多いようです。

 

まだ新生児の腸は未発達でこれから段々としっかりしていきますから、うんちの頻度や状態などは常に変化します。

 

それでもなかなか排便がない場合は、先天性の病気が原因となっている可能性もあります。

 

ですから、あまりに続くようだと一度病院で検査をしてもらうことがよいかもしれません。そのような先天性の病気としては、ヒルシュスプルング症や先天性胆道閉鎖症などがあります。

 

病気ではないのに排便が何日もなかったり、排便するときに顔を真っ赤にして苦しそうにしているという場合ですが、これは心配のない場合と腸内環境が整っていないために便秘のようになっている場合とが考えられます。

 

基本的に新生児がオッパイをよく飲み、機嫌もよくて、お腹が張っていないなら特に心配はないと思われます。排便のペースが何日かおきになっているだけで健康な状態といえます。

 

一方で、食欲がなくて機嫌が悪そうだったり、お腹を触ると張った感じがしたり、出てくるウンチがコロコロ硬かったり、肛門に傷がみられるというようなときは便秘といえるかもしれません。

 

新生児でも出産時の状況や母乳の質などの要因で腸内環境が整いにくくなっていることは多いようです。

 

腸内環境を理想に近づけるために対策を講じることが必要です。

 

新生児の安心な便秘解消法はこちら

 

新生児の便秘では腸内細菌のバランスが整っていないことが原因となっている場合があります。

 

腸内細菌は腸の働きの鍵を握っており、ビフィズス菌が活発になっているほど便秘や下痢は起きにくいといわれています。

 

質の良い母乳には、ビフィズス菌を増殖させるための成分が含まれていて、新生児の多くはもともとは便秘になりにくい環境にはあるようです。

 

それでも、ママの食事のバランスが崩れたりすると母乳の質にも影響が表れて、新生児の腸内環境にも影響を与えることがあるようです。

 

また赤ちゃんは出産時に母親の体内に存在していた細菌を取り込み、それがその後の腸内環境を形作っていきますが、母親の腸内環境が良好でなかったなら、やはりその影響を受けます。

 

そのために出産直後から腸内環境の整いにくい新生児も見受けられるようです。

 

そして別の要因としては、ママや赤ちゃん自身の体の冷えです。

 

ママの体が冷えやすいと母乳も冷えて赤ちゃんの腸の働きを悪くします。また赤ちゃん自身の体が冷えていてもやはり腸の働きは悪くなります。

 

このような新生児の便秘の原因を正すには、ひとつにはビフィズス菌を活発にするために、ミルクにオリゴ糖を混ぜて飲ませてみることです。

 

母乳に含まれているビフィズス菌を増殖させる成分はオリゴ糖であることが分かっており、それは植物や他の食品にも含まれています。

 

新生児の場合は、食品をそのまま食べることはできませんから、抽出されたオリゴ糖粉末をミルクに混ぜて飲ませます。

 

それとともに赤ちゃんのお腹を冷やさないように注意することと、母乳の質を高めるようにママの食事などに注意を払うことも便秘の改善に役立ちます。

 

新生児の便秘に役立つオリゴ糖はこちらへ

生まれたての赤ちゃん

 

新生児の便秘は、まだデリケートな腸を痛めないように自然でやさしい方法から試すことが大切ですね。

 

そのような方法の一つが砂糖を混ぜた水、砂糖水を与えてみるということです。

 

赤ちゃんの便秘に砂糖水を与えると良いということはかなり以前から言われていました。

 

砂糖水は浸透圧が高いので、水分を腸内に呼び込みやすくする働きがあります。そのためにうんちがやわらかくなって出やすくなると言われています。

 

ただし、与える回数・頻度や量に注意をしなければ、下痢をしたり、お腹の不快感につながることもあるので注意が必要です。

 

また新生児は母乳以外のものはなるべく与えないほうがよいとも言われています。

 

便秘でかなり苦しそうな様子が見られているといったことがなければ、あまり積極的に与える必要はないでしょう。

 

それでも薬や浣腸で解消するよりも砂糖水のほうがずっと安全ですから、何度も便秘を繰り返すようなら試してみましょう。

 

砂糖水のつくり方と飲ませ方

砂糖水のつくり方ですが、5%の濃度でつくります。

 

湯冷ましに溶かしますが、50ccの湯冷ましなら2.5gの砂糖かグラニュー糖、100ccなら5gを混ぜます。

 

スティックシュガーには5gのものがありますから、そのようなものを活用するとつくりやすいと思います。

 

次にできた砂糖水は哺乳瓶で人肌になるまで温めて、量としては20ccから30cc程度をチビチビと与えます。

 

回数や頻度としては、授乳に影響のないタイミングで1日に2〜3回を目安とします。

 

最適なのは砂糖水よりオリゴ糖

一層の効果を期待するならば、砂糖の変わりにオリゴ糖を加えるとよいでしょう。

 

砂糖は虫歯菌のエサとなるため、今後歯がはえてくると虫歯の原因ともなります。また砂糖の甘さはクセになって、そればかりを欲しがるようになることもあります。

 

一方、オリゴ糖なら虫歯の心配はありませんし、クセになるような甘さはありません。

 

またオリゴ糖は母乳にも含まれる成分で新生児の腸内のビフィズス菌を増やし、便秘や下痢になりにくい体質にする作用のあることが分かっています。

 

うんちを軟らかく出やすくしてくれるだけでなく、赤ちゃんの腸内環境自体を整えてくれるのですから理想的です。

 

さらにオリゴ糖は母乳にも含まれているものですから、違和感なく安心して与えられるのは利点です。

 

ところで、よくみかけるシロップ状のオリゴ糖は砂糖が添加されており、赤ちゃんには不向きです。

 

新生児の便秘のために選ぶなら、以下の無添加オリゴ糖がお勧めです。

 

カイテキオリゴ公式

 

カイテキオリゴの公式サイトはこちら

 

 

新生児の便秘では、解消法もどうしても限られたものになってしまいます。

 

そのような中で一番安全で効果の高いと思われるのが、オリゴ糖です。

 

オリゴ糖はお腹のビフィスズ菌を活発にしてくれる作用があり、活発になったビフィズス菌は腸の働きを促進してうんちを出やすくしてくれます。

 

ただ市販のオリゴ糖食品は、砂糖や添加物も含まれていて新生児には向いていません。

 

新生児向けの安心なオリゴ糖食品として、おすすめできるのはカイテキオリゴです。

 

公式サイト

 

カイテキオリゴの公式サイトはこちらへ

 

実際にご購入者の声でも新生児の便秘に悩んでいたママさんたちが多くおられることが分かります。

 

ご購入者の声の一部 (公式掲示板より)

生後3週間の我が子が便秘出はなく硬い便で出す時に時間がかかり見てて可愛そうになり、インターネットで調べた結果カイテキオリゴにたどり着いて、半信半疑で買ってミルクに混ぜて飲ませて次の日に軟らかい便がどっさり出ました!
自分も飲んでみた結果、やはり次の日に効果ありました!!( 兵庫県  友恵かぁちゃん様 )

 

1日2〜3回うんちをしていた息子が、生後2週間頃から便秘になりました。
砂糖水を飲ませたり、綿棒浣腸をして出したりしましたが、スッキリしないのか寝付きが悪く熟睡できず、機嫌の悪い日が続いていました。
あんまり期待はしていませんでしたが、カイテキオリゴをミルクに混ぜて飲ませてみると・・・!? ?(゜Д゜)
まだ飲み終わらないうちから、お腹が「グルグル〜」と鳴りだし、10分もしないで溜まっていたモノがいっきに出たようでした(^_^;)
その後、5時間くらいグッスリ寝てくれて、機嫌もよくなりました。
カイテキオリゴの効果スゴイです!!( 新潟県  ピカりん様 )

 

新生児でもミルクに混ぜて安心して与えられるカイテキオリゴの詳細は以下のページからご確認ください。
↓ ↓ ↓
カイテキオリゴの公式サイトはこちらへ