新生児 便秘 解消法

新生児には自然で安全な便秘解消法を

生まれたばかりの新生児でも便秘になることがあります。

 

できるだけ効果があって安全な解消法を使いたいところですが、その前にまずは新生児の便秘の原因となっている事柄について知っておくことが役立ちます。その原因としては大きく2つがあげられるようようです。

 

ひとつは出産時の状況、もうひとつは出産後の栄養摂取の状況です。

 

出産時の状況が腸内環境に影響

ご存知のようにお腹の中にいるときの赤ちゃんは子宮の中で無菌状態です。

 

胎内

でも出産の際にはお母さんの産道を通りながら、そこに棲息している細菌にはじめて触れ、それを口から取り込んでいきます。そのときの細菌が新生児の腸に棲みつき腸内環境をつくるきっかけになるといわれています。

 

もちろんそれだけでなく、その後も空気中の細菌や病院で触れる細菌も影響を与えていきますが、このときからつくられる腸内環境は排便機能にも深く関わっていくようです。

 

一般に新生児の腸内細菌はビフィズス菌が90%以上を占めているとても良好な状況ですが、お母さんが妊娠中に腸内環境の悪いまますごしていたなら、そのときの細菌は出産時から赤ちゃんにも受け継がれている可能性があります。

 

もうひとつは帝王切開で生まれた赤ちゃんで、この場合は産道を通っていないため、そもそも善玉菌と言われる有益な細菌の数が足りていないことも考えられるようです。

 

このように新生児の出産の際の状況は腸内環境に影響し、それが排便の状態にも関係している可能性があります。

 

母乳など栄養摂取との関係

母乳で育った新生児には便秘が少ないといわれます。その理由のひとつは母乳に含まれるオリゴ糖(乳糖)が、お腹のビフィズス菌のエサとなってビフィズス菌を活発化させるからです。

 

近年は人工ミルクもかなり品質が向上しており、母乳に近づいているようですが、それでも母乳の栄養価や健康効果には及ばない面があるようです。ですから、完母でない新生児の場合は比較すると便秘になりやすい傾向があるようです。

 

また母乳だけで育った赤ちゃんでも、母乳の質によっては便秘になることがあるようです。これはお母さんの食べたものが母乳の成分に影響するためともいわれます。また無理な産後ダイエットなども母乳の質に影響するとか。

 

いずれにしても、ビフィズス菌を活性化させるために足りない栄養分を補ってあげる必要があります。

オリゴ糖は母乳にも含まれる安心な便秘解消法

オリゴ糖を摂取することは、新生児にもっとも向いている便秘解消法と言えます。母乳にも含まれ、また一部の人工ミルクにも含まれる天然の成分ですから、副作用がありません。新生児にも安心してあたえられます。

 

ミルクを飲む新生児

オリゴ糖は、腸内のビフィズス菌の好物であり、ビフィズス菌を活発にして腸内環境を理想的な状態にする効果で知られています。ミルクに混ぜて与えることができますから、赤ちゃんにとって飲みやすく続けやすいのも利点です。

 

ところで市販のオリゴ糖はシロップタイプのものが多く、これは純粋なオリゴ糖だけでなく、砂糖などが混ぜられています。新生児にとっては甘いものはなるべく与えないほうが良いですし、純度が低いため効果の点でも劣ることになります。

 

そこで純度100%のオリゴ糖粉末をお勧めします。

 

これはカイテキオリゴと呼ばれる製品で、新生児の便秘で悩んできた多くのお母さんたちが涙を流して喜んだという伝説の商品です。

 

詳しい体験談は以下のページでご覧になってください。
↓ ↓
新生児のオリゴ糖体験談こちらへ